clock2013.12.16 10:04
SERVICE
home

読み較べビッグデータ⑨:データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

AUTHOR :   ギックス

247
ギックス
eyecatch_BigdataBooks

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

前回ご紹介した「データサイエンティスト完全ガイド」の冒頭部分でインタビューされていたディミトリ・マーカスさんの一冊です。広告会社のオグルヴィ・アンド・メイザーのマーケティング戦略立案時のデータ活用方法が紹介されています。

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」
データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

 

全体の構成

大きく分けて3つに分かれます。

  1. データ活用の重要性
    筆者の経験をもとにデータ活用が売上貢献にインパクトを与える活動であるという説明。
  2. マーケティング活動におけるデータ活用方法
    誰に何を伝えるべきか、見込み顧客(又は優良顧客)はどこにいて、どの顧客にいくら費やすべきか、効果はどのように検証し、どのように効率性を上げていくかを章に分けて説明。
  3. 今後の展望
    データ分析の需要が高まり、それに伴い起こる問題(他の本でも言及されるプライバシー問題や人材不足等)を解説。

 

この本の独自性

非常に実践的な一冊です。
なぜなら、取るべきアクションがとても明確にされているからです。

「2. マーケティング活動におけるデータ活用方法」では各章の目の最後に「月曜日の朝にすること」として、まず何を考え、行動するかがシンプルにまとめられています。そして、その考える、又は行動するためにどんなデータが必要で、どのような分析が役立つかが章の中で語られています。

「xxを明らかにするために、このデータをこう分析を活用する」と目的と手段が明確にされているので、分析手法の説明を聞いて「すごいのはわかったけど、何に使うの?」と疑問になることがありません。

感想

各章のつながりが明確で、ボリュームのわりにさらっと読めます。
ビッグデータ本としても良質ですが、「今どきのマーケティング」を語る上で知っておくべき手法やアプローチを抑えるための一冊としてもオススメです。

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX