clock2014.04.30 12:02
SERVICE
home

アナタはFacebookページで何を伝えたいのか?|マーケティングストラテジストの考える「Facebook運用」(連載まとめ)

AUTHOR :  田中 耕比古

384
田中 耕比古
eyecatch_facebookPage

”Contents is King” を 「手軽に」実践するために

【本特集では、Facebook運用の鍵となる「企画部」の皆さんが最低限知るべきFacebookページの知識を、マーケティングストラテジストの観点で解説します】

尚、この特集は、2014年1月時点の情報をベースに作成されています。本連載実施中に、ファンのオーガニックリーチの設定がFacebookによって変更された、という情報も流れてきていますし、また、今後はさらに減少していくだろうという話も出ています。

GIZMODE:Facebookページリーチ激減り、ただ乗り終了のお知らせ(2014/3/31)

然しながら、本特集の内容は、書評:ギックスの本棚「編集者のように考えよう」でも述べたように、「コンテンツが重要」という視点においては色あせていはいないと考えています。本質的な話として「ターゲットを誰と見据え、どのようなアクションを起こさせたいのか」という部分を見極める”情報発信の技術”としてご一読いただければ幸いです。

また、Facebookは「フォーマットが決まったメディア」です。ですので、「見せ方で大きく差をつける」ということができません(もちろん、制約の中でイケてるデザインにする、という試みこそが創造性という話はありますが)。その場合、武器は「コンテンツ」ということになります。お金をかけて動画を作るのもアリですが、やはり、「伝えたい情報を、文章力で伝える」ということが基本となるでしょう。

これらを踏まえ、企業が「Facebookページ」を運用していく際に、何を、どのように考えるべきなのかをまとめました。

【連載:全10回】マーケティングストラテジストの考えるFacebook運用

  1. FB運用における企画部の重要性
  2. Facebookページとは何か
  3. 企業がFacebookをやる意義
  4. 個人との”付き合い方”
  5. 投稿の”目的”
  6. 投稿のステップ(ネタ出し→文案づくり→レビュー→投稿)
  7. 投稿文案づくりのポイント
  8. 投稿のPD”C”A
  9. 投稿の”Check”のコツ
  10. FB広告を打つとはどういうことか
  11. 炎上対策を考える(最終回)

関連記事

 

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX