(復路)シンガポール→成田 深夜便搭乗編:噂のLCC 「SCOOT(スクート)」に乗ってみた③/ニュースななめ斬り by ギックス

AUTHOR :  花谷 慎太郎

4.9k
花谷慎太郎
eyecatch_scoot

SCOOT(スクート)で成田-シンガポールを往復した

22013年1月に「ベストLCCオブ・ザ・イヤー」に選ばれた、話題のLCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)であるSCOOT(スクート)。シンガポール航空の出資で、中長距離国際線を運行するというLCCの中では独自のポジションを取っています。4月上旬にシンガポールへの短期出張が入ったので、成田-シンガポールの往復にそのスクートを利用してみました。最終回の本日は復路のシンガポール→成田の深夜便の搭乗についてレポートします。

シンガポール→成田 スクートビズ 搭乗レポート

シンガポール→成田の復路は深夜便で機中泊です。第1回のオンライン予約編で紹介したとおり、今回の出張は忙しい時期の最中だったので、機中でしっかり睡眠をとり、乗り終えて日本に着いた日には早々しっかりと仕事をしたいと考えていました。よりよい睡眠が取れることを期待して、復路もスクートのビジネスクラスである『スクートビズ』を利用します。

フライトスケジュール

シンガポールから成田に帰ってくる深夜便のフライトスケジュールは以下の通りでした。

①シンガポール 0時45分発 台北 5時30分着 4時間45分のフライト

②台北で1時間05分のトランジット

③台北 6時35分発(日本時間7時35分発)  成田 10時45分着 3時10分のフライト

復路のシンガポールから成田も往路より30分短い9時間のフライトになります。台北で朝5時台に1時間程度のトランジットが入ります。うまく機中で寝ることができれば、まずシンガポール→台北で最大5時間弱寝て、1時間トランジットで起き、また台北→成田で3時間程度寝れるというようなスケジュール感です。

機中泊のための環境

機中泊の環境ですが、まずスクートビズのシートのリクライニングは下の写真の程度まで後ろに倒すことができました。

IMG_0798

レガシーキャリアのビジネスクラスのようにフルフラットというわけではありませんが、結構な角度まで後ろに倒すことができます。この写真のようなリクライニング具合に加えて、前の座席とのシートピッチが前回前々回もお伝えしたように97㎝ありますから、空間的には非常に余裕がありました。足をしっかりと伸ばし、どこにも引っかかりなく寝れる感じです。

また機中が少し寒かったので、毛布を借りれるかCAさんに聞いてみました。毛布はスクートビズの場合、サービスでついているのかと思っていたのですが、残念ながら購入してくださいとのこと。10シンガポールドルで購入しました。

IMG_0799

スクートビズでよく寝れるのか?

では、本題の、「実際に深夜便で寝れたのか」ということですが、私の場合は、熟睡できました。エコノミークラスで長距離の深夜便に乗った場合は、ウトウトはできるものの一度目が覚めてしまうと、足元に窮屈感を感じてしまい、また横の方が気になったりして、そのあと寝れないということがよくあるのですが、今回はそんなことはなく熟睡できました。

実は、「トランジット」という必ず起きなければいけないイベントの他に、CAの方に、「帰国時の入国審査カードを渡される時」と「食事の提供時」に、追加で2回起こされました。正直、入国審査カードは座席前のポケットに挟んでおいていただければオッケーですし、食事は抜いても問題ないので、熟睡している人を起こす必要はないでしょと思ったのですが、マニュアル重視なのか普通に起されました。このあたりはおもてなしの心でもう少し気を使って接してもらいたいですね(笑)。

ただ、そのように予期せぬものも含め、都合3回途中で目覚めたのですが、今回は、目覚めた後も問題なく、再度眠ることができました。もちろんn数は1で統計的にどうこう言えるわけではないですし、ただ疲れていただけではないのかという突っ込みも入りそうですが(笑)、自分としては、空間が広いので、安心して寝れたということが大きかったと感じています。もちろん人によって感じ方、受けとり方はそれぞれだと思うのですが、私の場合はスクートビズの広い空間のお蔭で、しっかり熟睡できたと思っています。

そのようにしっかり熟睡できた結果、成田に11時前についた後、オフィスには1時前に戻り、午後からいつもと変わらぬ感じでバリバリと仕事ができました。

LCCの台頭による選択肢の多様化がありがたい

ここまで3回にわたってお伝えしたように、今回はシンガポール-成田の往復にスクートのビジネスクラスである「スクートビズ」を利用しました。行きは仕事をしっかりする、帰りは機中泊で熟睡するという目的のためにスクートビズが適しているだろうとの期待のもとの搭乗でした。その結果は、行きも帰りも非常に満足がいくものでした。スクートビズが提供する広い周囲空間での移動という価値のお蔭で、行きはしっかり仕事ができ、帰りは機中で熟睡できました。今回の提供価値を受けるために、直行便でないというデメリットを受け入れ、スクートのエコノミークラスよりは2万円弱高いというコストを払う必要がありましたが、自分にとってはスクートビズでの移動が、費用対効果的には最大のものであったと思っています。

もちろん好みの問題ですので、兎にも角にもかかる時間を最小化できればいいという人もいらっしゃるでしょうし、値段を一番安く抑えたいという方もいらっしゃると思います。

LCCが台頭してきていいのは、そういった利用者サイドの選択肢が増えたことなのだと思います。選択肢が増えたことで、多様なオプションの中で、自分の好みや嗜好にあったサービスを選ぶことができるようになったのが嬉しいですね。

航空サービスを提供している企業サイドから見ると、新規参入の増加により競争が激化し、生き抜いていくのが大変な業界だと思いますが、消費者サイドから見ると、サービスが多様化しその中から自分に合ったものを選ぶことができるという恩恵を受けれるのはありがたいと今回のスクート搭乗からも感じました。

連載記事一覧:

 

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX