• shadow
    CONCEPT
  • shadow
    Team CMO
  • shadow
    HSM & UVP
  • shadow
    Components

”考え方”を考える|頼まれてなくても考える姿勢を持つ:成長痛を感じよう!

AUTHOR :  田中 耕比古

1.2k
田中 耕比古
title_be_a_thinkaholic

考えるのは、スキルではなくマインドの問題

先日「シンカホリック」という病気(に近い思考様式)についてご紹介しました。本日は、それに関連して「どうやったら考える人間になれるのか」について考察していきます。

頼まれないと、やらないの???

仕事ができる、というのはどういう人だと思いますか?

頼まれたことを100%やる、というのは当たり前です。これは「仕事ができる人」ではなく「普通の人」です。頼まれたことを100%やりきれない人は「普通以下」です。頼まれたことは普通にやりましょう。

さて、「仕事ができる人」は、頼まれたことを100%やった上で、頼まれてないこともやる人です。もちろん、不要なことをするのではなく、有用なこと・有益なこと・付加価値になることをやるわけです。

ということは・・・「何が、有用か・有益か・付加価値になるか」を見極めないといけません。

頼まれなくても、考えろ!

有用なもの、有益なもの、付加価値を生み出すものを見極めるためには、考えることが必要です。

言われたことを、言われたままに実行するのは、考えてません。いや、もちろん、頭をからっぽにしてて作業できるわけじゃないんですけど、体を動かすための司令塔として脳みそを使ってるだけです。脊髄のちょっと賢い版、くらいにしか使ってません。それは「考えていない」です。

そして、これがポイントなのですが、誰も「考えてください」なんてことは頼んできません。頼まれてないことをやる、ってことは、頼まれなくても考える、ということです。

考えるのは、非常に効率が良い

何かを実行する、やる、ということには工数がかかります。最低でも30分とか1時間とかの”まとまった時間”が必要になります。

しかし「何をやるべきか考える」ということは、もっともっと短い時間で可能です。慣れてくれば数十秒あれば、いくつかのオプションを整理して、どれが良さそうか選ぶことができると思います。そのひと手間を挟むことで、2時間かけて調べたことが誰にも求められていなかった、とか、1時間かけて作った資料が全く付加価値を生まない、とかいう悲しい事態を回避できます。

いきなり作業するのではなく、先に考えろ、というのは、時間の使い方として非常に効率がいいんです。

どんなことを考えればいいの?

考えろ、と言われても困っちゃう、という人もいるでしょう。「何を考えたらいいの?」と。答えは「何でもいいよ」です。

例えば、仕事を起点とすることだと・・・

  • 頼まれた仕事は、どうやったら効率化できる?
  • 頼まれた仕事と「なんらか関係しそうなもの」って何がある?
  • 頼まれた仕事の結果、新たな発見はあったか?それは、自分以外の人にとっても新たな発見か?
  • その発見は、他にどういうところで使える?もしくは、使えない?

とかって考えてもいいです。あるいは、道を歩いていて

  • この看板は、なんで赤いのだろう
  • この通りには、なぜ、中華料理屋さんが多いのだろう
  • この一帯は、マンションが多いがスーパーもコンビニもが見当たらないが、何か理由があるのだろうか
  • この道は、外車が多く走っているのに、路肩に止まっているのは国産車ばかりだが、なぜだろう

とかも良いですよね。こういうのって仮に全く同じ疑問を抱いたとしても、消費財のマーケティング職の人と、飲食業の経営企画部の人と、重機メーカーの営業の人と、マンション販売企業の役員の人では、それぞれ、思い当たる理由=思考の方向性が違うと思います。そうなって当たり前で「自分の頭で考える」ってことですよね。

「考える」癖をつけましょうよ

まず、最初に、考えるのは「どこでもできる」「いつでもできる」ことだと認識しましょう。考えるのは「タダ」です。どんどんやりましょう。何かというと考える癖をつけましょう。

その「タダ」を「お金」に変えることができるようにするのがプロだったりします。いつまでたっても「考えるのはタダだけど、価値を生み出さないのでお金にはならない」という状態から脱却できないのは、まだ、真剣に考えられていないからです。

頼まれてないことを考えるようになると、

  • 視野が広がる⇒やってる仕事のクオリティが上がる(周囲の状況や、前提がわかる)
  • 考え方のバリエーションが増える⇒思考のショートカットの精度が上がる
  • アイデアを持った状態で提案できる⇒やりたい仕事をできるチャンスが増える

というような「仕事に繋がるチャンス」を自ら獲得することができます。ほんとです。騙されたと思って、まずは1年頑張ってみてください。(1年、長いな・・・と直感的に思ってしまったあなたは、考えてませんよ。数十年ある就業人生のうちのたった1年です。生涯年収が3億円だとして、5%あがれば1500万円です。10%あがれば3000万円です。それがたった1年の努力で実現されるとしても、長いのでしょうか?こういう費用対効果の考え方については、コチラコチラの記事をご参照ください。)

大変だよね。だから頑張ろうぜ。

こうやって、日々考えていくということは、本当に大変です。ええ、まぢで大変です。恋人と歩いていて、いきなり話を聞いていない、なんてことになります。プライベートが破たんします。(理解のある恋人を探す、というくらいしかソリューションを思いつきません)

そんな風にプライベートを犠牲にいて、頑張って考えてみたのに、上司に話したら全然理解されない、みたいなこともあります。一蹴される、的な。わかります。そんなことばかりですよね。あるいは、「そんな無駄なことやってるなら、もっと仕事しろよ」とか言われちゃうかもしれません。その結果、仕事量が1.5倍になるかもしれません。

でも、それってチャンスなのかもしれないです。

  • 考えたことがダメだと言われた →何がダメなのか考えて、次に活かす
  • 仕事が1.5倍になった →増えた仕事に含まれている、新しいこと・新しいチャレンジに触れられる
  • 新たな知識・経験が増える →その”周辺情報”について、調べたり考えたりしたくなる

これって、成長痛だと思うんです。成長期の子供が、膝が痛いとか言うアレです。(医学的には正しくないと言われてますが、概念として、ね。)急速に成長するということは、やっぱりどこかに無理が出ます。歪み(ひずみ)が生まれます。大変です。ただ、それを乗り越えたときには、背が高くなり、見える景色が変わっているはずです。

成長することを恐れず、成長痛を感じ、むしろ楽しんでしまいましょう。そのために必要なのが「頼まれないのに、勝手に考える姿勢」だと僕は思うんですよね。

Be a thinkahoic !

お知らせ:ギックス田中の本が出ました。

ギックス田中の2冊目の著書【 デキる人が「当たり前」に身につけている!『仕事の基礎力』 】が、すばる舎より出版されました。本ブログに連載中の「”考え方”を考える」の内容を体系的にまとめなおしました。高効率で高密度な仕事を実現するために何をすべきかを解説しています。

デキる人が「当たり前」に身につけている! 仕事の基礎力

一冊目「数字力×EXCELで最強のビジネスマンになる本(翔泳社)」も引き続きよろしくお願いします。ビジネス書らしからぬ、黄色い表紙が目印です。

title_Number_x_Excel

SERVICE

SERVICE

graffe

GiXo BLOG

recruit

TAG BOX