clock2015.02.18 09:10
SERVICE
home

火事場泥棒・焼け石に水な打者(パ・リーグ)|プロ野球データでクロス集計 with Tableau 第7回

AUTHOR :  花谷 慎太郎

734
花谷慎太郎
eyecatch_baseball

2014年のプロ野球全打席データをクロス集計していきます

2014年のプロ野球の打席データを全量(約6.6万件)手元に置き、さまざまな切り口でクロス集計して、プロ野球全体の打席の傾向を見ていく「プロ野球データでクロス集計 with Tableau」の連載シリーズ。

『火事場泥棒』『焼け石に水』『クラッチヒッター』を見ていくシリーズの第3回目の今回は、火事場泥棒な打者、焼け石に水な打者、クラッチヒッターのランキングを2014年パ・リーグの規定打席到達者の31人で見ていきます。

ちなみに、『火事場泥棒』は火事場のどさくさに紛れて打率を稼ぐすなわち大差で勝っている時によく打つ打者、『焼け石に水』は今更打ってもしょうがないような大差で負けいている時に打って打率を稼ぐ打者、クラッチヒッターは試合が竸っている時によく打つ打者のことをいいます。今回の連載では、『火事場』は5点差以上でリードの状況、『焼け石』は5点差以上のビハインドの状況、『クラッチ』は4点差以内の僅差の状況と定義しています。

パ・リーグ 火事場泥棒な打者

セ・リーグの大差でリードしているときに打率を稼いでいる火事場泥棒的な打者のトップは巨人の村田選手でしたが、パ・リーグのランキングはどうなるでしょうか。火事場状況での打率と年間打率を比較し、火事場打率/年間平均打率で火事場リフト値を出しました。そのリフト値が大きい順に並べたランキングが以下となります。

火事場泥棒な打者_パ・リーグ

火事場泥棒な打者の1位は西武の浅村選手となりました。2013年には打点王になっている打者なので勝負強いイメージがあったのですが、昨年に関しては、火事場泥棒的に打率を上げていたんですね。次いでソフトバンクの中村選手、内川選手が2位、3位にランクされています。

パ・リーグ 焼け石に水な打者

次いで、大差ビハインド時によく打つ焼け石に水な打者なランキングです。

焼け石リフト_パ・リーグ

柳田選手、今宮選手、李選手のソフトバンクの3選手でトップ3を独占してしまいました。パ・リーグの場合、『火事場泥棒』ランキングでも、『焼け石に水』ランキングでも上位にソフトバンク勢が入ってますね。ソフトバンクはチーム全体として、『火事場泥棒』的かつ『焼け石に水』的なのでしょうか。ここでパ・リーグ6球団のチーズ全体(規定打者以外も含む)の『火事場』『焼け石』『クラッチ』という状況でのリフト値と打率を確認してみました。

チーム別打率_横並び

ソフトバンクは火事場と焼け石でのリフト値がどちらもダントツでトップですね。そもそもクラッチのときの打率も高いのですが、勝っていようと負けていようと大差になると”更に”打つ傾向があるチームみたいです。大差リードだとお祭り騒ぎになって勢いづき、大差ビハインドでも諦めないという雰囲気作りができているということなんでしょうか。パ・リーグのソフトバンク以外の投手のみなさん、ソフトバンク打線は点差が空いていると更にうつ傾向があるので、気をつけてくださいませ。

パ・リーグ クラッチヒッター

最後に比較的僅差の状況で打つクラッチヒッターをリフト値順に並べたランキングが以下のようになります。

クラッチリフト_パ・リーグ

栄えあるクラッチヒッターの第1位は楽天の銀次選手となりました。銀次選手は、こちらの記事で紹介した追い込まれてからの打率ランキングでも1位でしたね。僅差で強く、追い込まれてからも強いというバッターで相手投手からしたら非常に嫌なバッターだと思います。個人的にはあまり楽天の試合は見たことはないのですが、銀次選手には注目したくなってきました。

パ・リーグは『火事場泥棒』な打者は西武の浅村選手、『焼け石に水』な打者はソフトバンクの柳田選手、『クラッチヒッター』は楽天の銀次選手となりました。今シーズンのプロ野球を観戦する際の視点として、参考にして頂ければ幸いです。

 

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX