clock2014.01.07 10:01
SERVICE
home

あなたはそのアイデアに気づけるか -ヒット商品を生むフレームワーク- その⑦

AUTHOR :  網野 知博

837
網野 知博
eyecatch_idea

あなたはそのアイデアに気づけるか
-ヒット商品を生むフレームワーク-

「どのようにしたらヒット商品を生むことができるのか」。残念ながら確実にヒット商品を開発する手法は存在しないが、“気づき”を促すフレームワークを活用することによってヒットする確率を上げることは可能である。商品開発・マーケティングは深く広い領域であるが、本稿では商品開発プロセスの源流となる「アイデア発想」につながる“気づき”に的を絞って、その手法を解説する。
(2008年秋東洋経済THINK!記事)

”かえる”チェックリスト

実は、アイデアのやチェックリストは世に多く存在(学術的には200以上ともいわれている)し、私が使っているものの中には、それらを適宜参考にしているものがある。詳細な活用方法や例は省くが、図8として示したチェックリストは「抜け漏れを防いでとにかくアイデアの数を出す」ときに有効なので、参考までに紹介する。

また、私が特に気に入っているのは「視点をかえる」「条件をかえる」である。アイデア発想図8_2 アイデア発想図9_2

その⑧に続く

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX