clock2016.12.01 12:08
SERVICE
home

クイックにリプレイスする。「Quick Replace(クイックリプレース)」の可能性(FAQ)

AUTHOR :  田中 耕比古

128
田中 耕比古
eyecatch_yakuin

自社の要件を冷静に捉えれば、他の選択肢も見えてくる

先日、ご紹介した「QuickReplace(クイックリプレース)」に関して、お問い合わせいただく内容に関して、ご回答差し上げます。

関連記事:パッケージソフトに頼らないBI:QuickReplace(クイックリプレース)という選択肢

すべてのBIパッケージを置き換え可能ですか?

いいえ。ケースバイケースです。

「高価なBIシステムを、安価なクラウド活用型サービスで置き換えよう」というお話をすると、「じゃぁ、もうBIパッケージは不要なんじゃないか」などというお話にもなります。しかし、そんなことはありません。パッケージソフトは、適合する領域においては最高のパフォーマンスを発揮します。

なんでもかんでも、とりあえず、クラウドにしとけばいい なんていう夢の世界は訪れません。

「適材適所」が大切です。大事なのは「何を実現したいか」であり、その為の最適な手段として「QuickReplaceが最適」な”場合”がある、のです。

BIパッケージと何が違うのですか?

我々は、BIパッケージは「高級フレンチのコース料理」だと思っています。一方で、QuickReplaceでご提案しているのは「大衆ビストロのア・ラ・カルト料理」です。どちらが良いとか悪いとかではなく、TPO(要件)に応じて、どちらを選ぶべきか異なる、ということです。違いのイメージについては、以下の一覧表でご確認ください。

QuickReplace_FAQ_001

もし、あらかじめ食べたいものが決まっているのであれば、ビストロでアラカルトを頼む方が、リーズナブルで満足度が高いのではないかと思います。

できないことって何?

アラカルトなので、組み合わせ次第で、たいていのことはできます。しかし、不得意なこともあります。

一番得意なのは「手作業でやっていることを減らしたい(同時に、ミスも減らしたい)」というケースです。一方で「リアルタイム処理が必須」「紙での帳票を全国各地に郵送したい」というような具体的な要件が固まっている場合には、その領域を得意とするパッケージを活用した方が良いことも多いです。

繰り返しになりますが、常に「やりたいこと」ありきで考えることによって、最適なソリューションが見いだせると言えます。

QuickReplace_FAQ_002

<随時、更新中です>

 

関連記事:パッケージソフトに頼らないBI:QuickReplace(クイックリプレース)という選択肢

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX