clock2015.10.20 20:54
SERVICE
home

Amazon QuickSightはTableauを脅かす存在になりうるのか | AWS re:Invent 2015 新サービス

AUTHOR :   ギックス

2k
ギックス
title_ReInvent_1

簡単な分析はQuickSight、深掘りはTableauで

米国時間の10/6~10/9に開催されましたAWS最大のイベント「re:Invent 2015」で様々な情報が発表されました。その中で発表されたAWS上で動作するBIツール「Amazon QuickSight」について、Tableau、Microsoft Power BIなどのBIツールと比較しながら、「Amazon QuickSightの使い所」をお伝えします。また、ここに記載されている内容について、re:Inventの技術セッションから判断している内容になるため、1つのご参考程度に考えていただきますようお願いします。

Amazon QuickSight とは

QuickSightは、先日行われた「re:Invent 2015」の中で発表されたブラウザ上で動作するBIツールです。AWSのクラウドDB(Redshift, RDS, Amazon Auroraなど)、クラウドストレージ(S3)、ストリーミングデータ(Kinesis)などAWSの様々なサービスにアクセス可能です。そして、アクセス先のデータソースから表(テーブルなど)を選択するだけでデータ項目を自動的に作成するため、非常に簡単にグラフなどを作成できます。(参考:【AWS発表】 Amazon QuickSight)

現在、プレビュー版(試用版)の体験者の募集を行っており、実際の正式リリース日(2016年以降)については未定です。

ユーザーインターフェースは「Microsoft Power BI」に近い

QuickSightは、非常にシンプルなユーザーインターフェースと感じました。”Quick”の名前が示す通り、少ない操作でグラフ作成までを目的としているためか、必要なボタン、データ項目が見える場所の存在しているため、非常に分かりやすい印象を受けました。Tableauの場合、非常に多機能な反面、グラフ作成まで手続きが多くなり、その結果、Tableauを使いこなすまで、ある程度のトレーニングなどが必要です。そのため、簡単な分析ならQuickSightの方が、技術者スキルに関係なく早く行えると感じました。

また、「AutoGraph」機能により、自動的にデータ構造からグラフ種類、分析軸を推奨してくれる機能があるため、データ分析の初期段階のデータの概要を把握するために活用できそうです。

演算処理エンジンのSPICEについて

QuickSightは、SPICE (Super-fast, Parallel, In-memory Calculation Engine)と呼ばれる演算処理エンジンによって、高速にグラフ作成などを行います。このSPICEの詳細は不明ですが、インメモリDBに近い動作になると推測されます。そのため、Redshiftなどの大規模なDWHデータベースから、必要な情報をデータマートとしてSPICEに登録することで、以降のグラフ作成などの作成をSPICEから行うため、分析処理が高速なるではないかと考えています。

そして、SPICEには、専用の問合せ命令によりアクセス可能なため、将来的にはTableauなどのBIツールなどと接続出来るようになりそうです。そのため、QuickSightで大まかな分析を行った後、データを引き継いでTableauなどの強力なBIツールで深い分析を行うというプロセスで深掘りが実施できそうです。

ただし、1つだけ注意する点があります。それは、SPICEの標準容量が10GBのため、大量データを扱うためには、SPICE容量を増やす必要性が出てくると可能性があるという事です。

状況に応じたBIツールの使い分けが重要になる

現在、手に入る情報から分析する限り「Amazon QuickSightはBIツールとしてTableauの代わりにはならない」と判断しました。しかし、QuickSightは、簡単な分析を早く、簡単にできることから分析の初期段階などで導入を検討する価値は十分あると考えています。そして、SPICEの他BIツールとの親和性の高さを生かし、QuickSightだけではなく、Tableauなどともデータ連携が円滑に行えるようになれば、BIツールも使い分けも可能になってくると考えています。

現在、弊社は、QuickSightのプレビュー版の体験の申し込みを行っていますので、次回、QuickSightの使用感をお伝えできればと思います。

【AWS re:Invent 2015 参加レポート・関連記事】

萩原 亮(はぎはら りょう)

金融業勘定システム・流通業管理会計システム・ゲームログ集約/分析システムなどの構築・運用や、SNS/ゲームログの分析を経験し、現職。現在は Business Analyticsチームの一員として、データを可視化してアブダクションする業務に従事。今、興味をもっているツールはTableauとQuickSight。お気に入りのサービスはRedshift。

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX