clock2014.04.03 09:44
SERVICE
home

ギックスの本棚/スラムダンク 完全版 #18-19 ~豊玉戦~

AUTHOR :  田中 耕比古

1.2k
田中 耕比古
eyecatch_bookshelf_entertainment

バスケットは好きか・・・?

ギックスの本棚は”カタい本からユルい本までご紹介する”というのがモットーなわけですので、漫画に手を出すこともあります。マンガといえば、これは避けては通れない「スラムダンク」から豊玉戦を取り上げてみたいと思います。春ですし。ユルいかんじで。

SLAM DUNK 完全版 18 (ジャンプ・コミックスデラックス) SLAM DUNK 完全版 19 (ジャンプ・コミックスデラックス)

 あらすじ

説明するまでもないと思うので、超簡単に。「大阪のガラの悪い豊玉高校とインターハイ初戦で対戦。ラフプレイとかあるが、最後は彼らも”自分らしさ”を取り戻してスポーツ最高!バスケ最高!ってなりましたとさ。めでたしめでたし。」

大切なのは「初心」

豊玉高校は、インターハイの常連校です。しかし、毎年ベスト8どまりだということで、監督の北野さんが更迭されます。北野さんを慕って入学した南と岸本は、新任の監督の方針は無視して、北野さんのスタイルである「ラン&ガン」でのベスト4入りを目指します。

目指すは勝利。その為の手段は選ばない。

なんのために今まで必死でやってきた思とんねんや!!こんなとこで負けたら・・・ (豊玉高校 岸本)

オレらには 勝利より優先するものはないからです (豊玉高校 南)

彼らは「勝利」しか目指しません。北野さんの正しさを証明するために。

勝利というゴールを設定し、それに向かって邁進する。戦略的には何ら間違っていません。

前提条件を忘れていないか

しかし、彼らは試合の後半「大前提」を思い出します。

いつのまにかオレは大前提を忘れとった 北野さんがいつも言うてはった ”バスケットは好きか・・・?” (豊玉高校 南)

ゲームそのものを楽しむことを・・・ もうずっと忘れとった気がする・・・ (豊玉高校 南)

これは、非常に重要なポイントです。「勝利のために手段を選ばない」ということと「大好きなバスケットを楽しくやる」ということは、(相当な部分で)相反します。

「勝利」をゴールに据えた場合、楽しいかどうか は重要ではなくなります。一方、「楽しい」がゴールの場合、勝利は楽しむための一要素になります。

あきらめるのは早い 勝つで (豊玉高校 岸本)

勝った方が100倍楽しいもんな (豊玉高校 南)

初心にかえる、ということは、非常に重要なことです。

ビジネスも「同じ」じゃないか

スラムダンクは、高校生の部活動の話ではありますが、ビジネスの世界でも同じことが言えると僕は思います。

何かを始める時(新卒採用で入社する、転職する、起業する、新規事業を立ち上げる など)には、夢や理想に燃えていたハズです。しかし、それを忘れてしまってはいないか、と自分に問うてみるべきではないでしょうか。

目的というのは、自分でセットするしかありません。また、他人に説明する際には、本音とは違う説明をするかもしれません。(特に、ビジネスの世界では「楽しみたいから」といってもお金が出てきませんからね。)しかし、自分に嘘はつけません。

例えば、日々、お金を稼いで生きていくことは非常に重要ですよね。しかし、お金を稼ぐことを目的化してしまって良いのでしょうか。お金を稼ぐ、というのはあくまでも「その先に、お金を使ってxxxをしたい」という本当のゴールがあるのだと僕は思います。(もちろん、食べていかないといけないんだから、稼がなきゃいけない、というのはわかりますよ。)

あるいは、起業して会社をつくったとしましょう。その会社は、ある思想を持って作ったはずです。その思想を簡単に売り渡して良いのか。事業運営をドライにみれば、より儲かる方向に舵を切ることが求められます。しかし、その為に「魂を売って」も良いのでしょうか?

もちろん、正解なんてありません。でも、たまには初心に立ち返って「なんで、僕は今、この仕事/ビジネスをやってるのか」と問うてみてはいかがでしょう。日々の仕事に埋没すると初心を忘れがちではありますが、あなたが今、そこにいるのは、その”初心”のおかげなのですからね。

 

SLAM DUNK 完全版 18 (ジャンプ・コミックスデラックス)
SLAM DUNK 完全版 18 (ジャンプ・コミックスデラックス)

SLAM DUNK 完全版 19 (ジャンプ・コミックスデラックス)
SLAM DUNK 完全版 19 (ジャンプ・コミックスデラックス)

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX