• shadow
    CONCEPT
  • shadow
    Team CMO
  • shadow
    HSM & UVP
  • shadow
    Components

SERVICE

graffe

GiXo BLOG

recruit

TAG BOX

loading

shadow

ギックスの本棚|ずるいえいご(青木ゆか×ほしのゆみ/日経ビジネス人文庫):戦略とは捨てること。

伝えたいことをクリアにすれば、なんとかなる 本日は、単語力の呪いから脱却して「伝わる英語」を目指そう!というコンセプトの書籍「ずるいえいご」をご紹介します。 英語から逃げまくる人生 我々、日本人は、英語から逃げまくって生きています。英語プレゼン、なにそれ? TOEIC、くえんの? 海外旅行・・・は行きたいです・・・。はわい・・・ハワイに行きたい...

arw

Share

shadow

第三十二戦:vs 吉岡伝七郎 ”決着”(第24-25巻より):時間は「結果の平等」を保証しない。|バガボンドを勝手に読み解く

1日を365日積み重ねたものが、1年。 この連載では、バガボンドの主人公 宮本武蔵の”戦闘”シーンを抜き出し、武蔵の成長について読み解いていきます。連載第32回の今回は、(作中の)1年前に約束を果たすべく蓮華王院に出向いた武蔵と、吉岡伝七郎との戦いです。 連載の概要はコチラから。 1年前の約束を果たすため 吉岡伝七郎と武蔵は1年前に相まみ...

arw

Share

shadow

客観的な視点で、物事を捉えよう|”考え方”を考える

「脳内」と「脳外」をうまく使い分けよう 本日は、客観的視点を持って考える、ということについて考えてみたいと思います。 客観的に考えられると便利 世の中には「主観」と「客観」というものがあります。端的に言うと「俺はこう思うぜ」は主観で、「世の中的にはこうだぜ」が客観です。 主観的に考えるのは簡単です。我思う故に我あり、です。(主観とはなんぞや、とい...

arw

Share

shadow

第三十一戦:vs 理<り> (第24巻より):真理の探究とは、対話することである|バガボンドを勝手に読み解く

己と、対話せよ この連載では、バガボンドの主人公 宮本武蔵の”戦闘”シーンを抜き出し、武蔵の成長について読み解いていきます。連載第31回の今回は、「理(り)」即ち、己の中に存在する「剣術の真理」および、それを体現した存在である佐々木小次郎との戦いです。 連載の概要はコチラから。 理(り)=ことわり この連載は、普段は”あらすじ”の解説から...

arw

Share

loading