TableauのLOD表現とは(4) | FIXEDの概要と使い方について | Tableau分析塾

AUTHOR :   ギックス

13.8k

本記事は、株式会社ギックスの運営していた分析情報サイト graffe/グラーフ より移設されました(2019/7/1)

FIXEDは、集計の粒度を独自に設定して計算を行う

本稿ではTableau9.0より追加された新機能、LOD表現について解説致します。尚、本稿の内容は執筆時点のものです。今後、Tableauの仕様に変更が加えられる可能性があることをあらかじめご了承下さい。
INCLUDEやEXCLUDEは、グラフで表現された計算の粒度より細かい、もしくは粗い計算を行う際に活用するものでした。今回ご紹介致しますFIXEDは、独立した粒度で計算を行う際に役立ちます。

(例) 大阪府における、それぞれの地区町村別売上を全国平均と比較する

LOD - FIXED
今回の例でも市区町村ごとの売上金額を表示していますので、より大きい地域でまとめた売上金額を表示る場合は詳細レベルが混在した表現になります。計算式は以下の通りです。

実際の計算方法

LOD - FIXED(formula)
計算式は、EXCLUDEでご紹介致しましたものとほぼ同様です。EXCLUDEをFIXEDに書き換えれば完成です。

FIXEDは、ディメンションフィルターの影響を受けない

今回ご紹介した例は、EXCLUDEのご紹介で用いたグラフと同一のものです。しかし、計算結果は異なったものとなりました。この違いはフィルターの影響を受けるか否かという点にあります。
前回および今回双方の計算は、フィルタで都道府県を大阪府に指定しています。この場合、EXCLUDEで計算を行うと大阪府内での平均値を算出します。FIXEDではフィルターシェルフで設定した条件は無視して計算が行われますので、今回の場合は大阪府内ではなく、全国での平均値を算出します。ここにFIXEDの大きな特徴があります。
フィルターとLOD表現の関係につきましては、Tableauの公式情報にも記載があります。こちらも併せてご参照ください。
http://onlinehelp.tableau.com/current/pro/online/mac/ja-jp/calculations_calculatedfields_lod_filters.html
これまでINCLUDE、EXCLUDE、FIXEDの3種類それぞれについてご紹介を行いました。これらは非常に強力な機能ですので、きっと日々の分析業務に役立つはずです。ぜひ活用してみて下さい。

【連載:TableauのLOD表現とは】
連載/関連記事リスト:Tableau分析塾
SERVICE