TableauのLOD表現とは(2) | INCLUDEの概要と使い方について | Tableau分析塾

AUTHOR :   ギックス

9.5k

本記事は、株式会社ギックスの運営していた分析情報サイト graffe/グラーフ より移設されました(2019/7/1)

INCLUDEは、集計の粒度を細かくして計算を行う

本稿ではTableau9.0より追加された新機能、LOD表現について解説致します。尚、本稿の内容は執筆時点のものです。今後、Tableauの仕様に変更が加えられる可能性があることをあらかじめご了承下さい。
前回記事で概要をご紹介致しましたLOD表現のうち、今回は「INCLUDE」をご紹介致します。INCLUDEは、グラフで表現された詳細レベルより細かい粒度での計算を行う場合に用います。具体的なシチュエーションと使用方法につきましては、例を用いてご説明致します。使用するデータは、Tableauプリセットの「サンプル – ストア」です。

(例) 市区町村ごとに、最も売り上げの高かった日の売上を表示する

 
revised_lod_include
このグラフを作成する場合は、市区町村ごとの売上を表示するのですから、当然グラフは市区町村ごとになります。しかし、計算は市区町村ごとではなく、市区町村ごとの更に日別で行う必要があります。これが「詳細レベルを混在させた計算」の一例です。
店舗ごとの合計売上や平均売上を出す、もしくは市区町村ごとに日別で売上額を表示するであれば計算レベルは混在していませんので、自然な操作でTableauでのグラフ作成を行うことが出来ます。しかし、上記の詳細レベルを混在させた計算の場合であれば、LOD表現を使わない場合、Tableauのみでの計算は難しくなります。
Tableauのみで計算を行えないということは、データソースに変更を加える必要が生じます。例えば、データソースに一日の最高売上額を持った列を追加するという方法が考えられます。詳細レベルを混在させた計算を行うたびにデータソースへ変更を加え続けるのは非常に手間がかかります。

実際の計算方法

具体的な計算方法としては、単純な構文に基づいて数式を作成するだけです。計算フィールドを新規に作成し、次のように入力します。
 
revised_lod_includeformula
「INCLUDE」の後に計算を行いたいグループを指名します。続いて「:(コロン)」の次に、行う計算を記述します。数式全体は「{}(中かっこ)」で囲います。今回の例ですと、これで日別の合計売上を計算することができます。今回はこの日別の売上について、最大値を市区町村ごとに表示したいので、メジャーを最大値に設定します。これで「市区町村ごとに、最も売り上げの高かった日の売上」を表示することが出来ます。
 
lod_includemeasure
 
以上が、INCLUDEの概要と使い方です。案外簡単だと思われたのではないでしょうか。次回は、集計粒度を粗くして計算を行う「EXCLUDE」について紹介致します。

【連載:TableauのLOD表現とは】
連載/関連記事リスト:Tableau分析塾
SERVICE