clock2022.06.23 15:30
SERVICE
home

ギックス、BIPROGYとの業務提携を強化 データインフォームド人材の育成支援を拡充

AUTHOR :   ギックス

513

株式会社ギックス(本社:東京都港区、代表取締役CEO:網野 知博、以下:当社)はBIPROGY株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良、以下:BIPROGY)との業務提携を強化し、データインフォームド※スキルを持つデータサイエンティストの育成支援の取り組みを拡充いたします。

※データインフォームド:経験、勘、度胸などを踏まえた人間の判断を、データを用いることにより従来よりも論理的かつ合理的なものにアップグレードするという思想

当社とBIPROGYは、2021年5月の資本業務提携以降、当社の戦略的データ利活用ノウハウとBIPROGYの高品質な事業運営システムの構築・運用ノウハウを組み合わせ、企業の高度な意思決定と実行を実現する支援モデルの開発を進めています。また当社支援のもと、データインフォームドを推進するための人材育成にも取り組んでまいりました。

このたびの提携強化により、人材育成の人数を大きく拡充すると共に、両社で提供するパイロット版データインフォームド関連サービスの提供を開始しております。

当社は「あらゆる判断を、Data-Informedに。」をパーパスとして掲げており、今後もBIPROGYとの協業を通じて、データインフォームドの社会実装を加速してまいります。また、将来的には両社でデータインフォームド事業にまつわる各種サービスの共同開発および共同推進に取り組んでまいります。

なお、本件による今期業績に与える影響は軽微であります。今後開示すべき事項が発生した場合には速やかにお知らせいたします。

■BIPROGY株式会社 代表取締役 専務執行役員 齊藤昇様 コメント
ギックス様とは2018年から人財交流を開始し、2021年の資本業務提携を経て、この度、データインフォームドの価値をより多くのお客様に知っていただくサービスを共同で提供できるようになりましたことを、大変うれしく思います。 
当社は、「先見性と洞察力でテクノロジーの持つ可能性を引き出し、持続可能な社会の実現」に貢献できる企業に変革することを目指し、2022年4月に社名を「日本ユニシス」から「BIPROGY」に変更しました。
企業や社会が変革していくためには、データアナリティクスは必要不可欠な技術であると考えます。事業課題を数学的アプローチで解決することを強みとしているギックス様と高品質な事業運営システムの構築・運用ノウハウを強みとしているBIPROGYが手を組むことで、よりお客さまのビジネス成果に直結するデータ利活用をご提案できると確信しています。

■BIPROGY株式会社について(https://www.biprogy.com/
BIPROGYは、2022年4月1日付で日本ユニシス株式会社からBIPROGY株式会社へと商号を変更。日本ユニシス時代より培ってきたICT関連の経験と実績を活かし、現在では多様な強みを持つ異業種のクライアント企業とパートナーを結び付けるビジネスエコシステムによる社会課題の解決を目指し、新たな事業展開を進めています。
会社名 :BIPROGY株式会社
代表者 :代表取締役社長  平岡 昭良
所在地 :東京都江東区豊洲1-1-1
事業内容 :クラウドやアウトソーシングなどのサービスビジネス、
      コンピュータシステムやネットワークシステムの販売・賃貸、
      ソフトウェアの開発・販売および各種システムサービス

■株式会社ギックスについて(https://www.gixo.jp/
GiXoは、戦略コンサルタントとアナリティクス専門家によって立ち上げられた “データインフォームド”推進企業です。アナリティクスを活用し、あらゆる判断をデータに基づいて行えるようにご支援することで、クライアント企業の経営課題解決を実現しています。
会社名 :株式会社ギックス
代表者 :代表取締役CEO 網野 知博
所在地 :東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル11F
事業内容 :アナリティクスを用いたデータインフォームド事業
      データを活用した各種コンサルティング業務および、ツールの研究・開発
      上記ツールを用いた各種サービスの提供

SERVICE