”考え方”を考える|正解の探し方のコツ:当てに行くな。考え抜いて振り抜け。

AUTHOR :  田中 耕比古

1.7k
田中 耕比古
eyecatch_SandA

正解は自分で見つけるものである

本日は、日々の業務における「正解を探す」という行為について考えてみたいと思います。

当てようとすると当たらない、寄せようとしても寄らない

仕事をしていく中で「正解を探す」という場面に出会うことがあるでしょう。例えば、部長から「来週の部長会の資料、たたき台つくっておいて」と言われた場合、「上司の思っている資料のアジェンダ・組立てってどういうものだろうか?」という”正解”を探すわけですね。あるいは、クライアントに「ちょっと店頭欠品について困ってるんだよね。だから、なんか、いい提案してよ」と言われた場合にも「どういう提案をしたら受けるだろうか?」という”正解”を探すことになります。

しかし、この「正解を探す」という行為は、”正解が既にどこかに存在している”という前提で進めてはいけません。

そもそも、相手の中にも答えはない

良くある失敗として「上司やクライアントが考えているであろう”正解”に当てにいく」という仕事の進め方があります。これは、定型化された仕事や単純作業ならまかり通りますが、「考える仕事(=ホワイトカラーの仕事)」においては悪手中の悪手です。最悪です。

なぜならば、相手の中に「確固たる正解」があることの方が少ないので、当てようにも当てようがなく、寄せようにも寄せようがないのです。いや、ほんとに。

「なんか違うんだよなー」「もっとなんかないかなー」「んー、なんか、こう、斬新なの欲しいなー」「もうちょっと考えてみてよ」とか言ってる人は、まったくイメージが付いていません。断言できます。そんな状況の人に対して”寄せる”ってのは無理です。時間の無駄です。

では、そんなときはどうするべきか?

仮説検証型じゃないと、物事は進まない

答えは簡単です。「自分で、コレだ!と思うものを決めて、それをブツける」のです。これしかないです。もちろん、外すかもしれません。でも、いいじゃないですか。だって、当てにいっても、寄せにいっても、どうせ、外すんですから。(笑

この考え方は、いわゆる「仮説検証」をしていることになります。先述した状況における「仮説」は、以下のようなものとなるでしょう。

  • 部長会資料の仮説:前回部長会で報告した内容のその後の進捗・成果、前回部長会以降に新たに始めた取り組みとその結果、今後取り組んでいく打ち手や施策 を説明したら、出席者(他部署の部長職)の興味・関心にも合致するし、発表者(自部署の部長=この作業の依頼主)の言いたいことも漏れなく言い尽くせるはずだ。
  • 課題解決提案の仮説:自社の在庫管理ソリューションはあるが、それをそのまま提案してもクライアントの課題にミートするかどうか分からない。なので、まずは”困りごとの背景”、”具体的にどういう状態になりたいのか(=解決後の姿)”をヒアリングしながら、一般論(あるいは、一つの例)として、自社のソリューションを紹介すれば、課題の詳細を把握しつつ、自社ソリューションのスムーズな売り込みも可能だろう。

これでお話をしに行って「全然違う」とか言われたらしめたモノです。「何が違うのか」とか「どこは合っているのか」とかを質問しましょう。目の前にたたき台はあるわけなので”一家言ある人”なら、いろいろな思いを吐露してくれるはずです。(ただ、ここでも「なんかちがうんだよなー」「もうちょっとないかなー」という人は沢山いると思いますが、そういう場合にも、「どっか、絶対に違うところありませんか?」とか「一番違和感があったのはどこですか?」とか「ちょっとはいいなーと思ったとこはありませんか?」と食い下がるべきです。ここで、ノーヒントで帰ると、次回も同じ結果になるのは目に見えています。)

「考え抜いて、一旦”決めて”くれる人」は重宝される

ここで忘れてはいけないのは、決して「単なる思い付き」ではなく「全身全霊で考え抜いた仮説」をつくることです。そして「部分」だけで終わらず、「全体」「流れ(ストーリー)」まで作りきることが大切です。また、そのために、先に調べられるものはちゃんと調べておきましょう。さらに、最初に思いついたアイデアの他にも、もっと良いアイデアがないのかを考えてみるのも有用です。

例えば、「前回部長会の資料」をちゃんと読んでおくのは良策ですね。調べられるものは、調べておいて損は無いです。

あるいは、「自社ソリューションをとりあえず持っていこう」という考えから、「いや、いきなり紹介しても厳しいから、なんか手はないかな?」と考えるのも良いですよね。「他社も含めて、いろんなソリューションを一杯紹介してみた方が、課題を聴き出しやすいかも!?」というアイデアもあるかもしれません。(僕がやるなら、素直に業務上の課題と、課題解決後の理想の姿をヒアリングしに行きますが、業務解釈力などに不安がある人は、自社他社問わずにソリューションを山ほど持って行って、どれかハマりそうですか?というような議論をしてしまうのはアリです。)

こういう「考え抜いたもの」を持ってきてくれる人は、上司やクライアントにとって「思考のアウトソーシング先」として重宝されます。自分で考えなくても、それなりに考え抜いてもってきてくれるわけですから、そりゃ便利ですよね。

仕事において「便利だ」と思われるのは有用です。(ただ、無償で何でもやってくれるから便利だ、というのは別の話なので間違えないでくださいね。あくまでも”お仕事として”のお話です。)

レビュアーは常に有利。それは諦めよう。

とはいえ、どれだけ考え抜いていったとしても、「一発OK」というのはなかなか難しいです。目の前に「何か」があれば、人は色んな意見が言えます。なので、いろんなアイデアが出てくれば、それはそれで「ありがとうございます!」と受け取って、より良い”正解”を一緒に目指していくべきです。

レビュアー(資料などをレビューするひと)は、常に有利です。先ほど述べた「何か」は既に目の前にあるわけですから、それを見ながら、ああでもないこうでもないと考えるところから話が始まります。ひどい場合には、「とりあえず、説明して」と言っておきながら説明は一切聞かず、その「何か」を眺めながら発想を膨らまして、突然「ごめん、もういいわ」と言って自分の考えを語り始める人もいます。結構たくさんいます。これは、仕方ないことです。諦めましょう!!

それでも、上司やクライアントの頭の中で、それまでクリアになっていなかったものが「たたき台」によって精緻になっていったのは、たたき台をつくったあなたの成果です。胸を張りましょう。世の中の物事には、いくつかむずかしさがあります。ひとつは「ゼロを1にすること」です。そして「1を10にする」のももちろん難しいです。この場合、あなたが「ゼロ→1」を担当し、上司やクライアントが「1→10」を担当しただけのことです。(※0を0.1にしかできなかったのだとしたら、もうちょっと頑張りましょう)

その上で、”便利な奴”から脱却しよう。

とはいえ、便利な奴だな、で人生を終えるわけにもいきません。同じ上司やクライアントと一生付き合い続けるのは、まぁ難しいです。まずない、と言っても良いでしょう。

そこで「便利な奴からの脱却」を図りましょう。便利だな、と重宝される人材は、いろんな情報に触れる機会を得られます。そこで得た情報を、自分なりに解釈することを怠らないようにしましょう。そうすることで「得られた情報をどのように活用すべきか」という訓練ができます。そして、当然ながら、ここにも”仮説検証”が走るわけですね。この情報は、こういうことを意味するのではないか?と思って、実際に物事がそのように動くかどうかを(自分に関係ない部署のことだとしても)watchしておけばいいのです。

そうやって情報処理能力を鍛えていけば、論理的な判断ができるようになります。(正確には、判断する能力と、それを判断結果を実行に移して責任を取る能力は別物ですが、まぁ、それは一旦横においておきましょう)

ここまでくると「自分でいろいろ考えて仮説をつくれる便利な奴」から「適切な情報で適切な判断を下せる有能な奴」へと、周囲の評価が変わるでしょう。”自分で考えて仮説を作る”ということも”適切な判断を下す”ということも、多くの人は不得手です。この2つの能力さえあれば、それだけで、どの業界に行ったとしても一生食うには困りません。

ということで、まずは「寄せに行く」「当てに行く」というスタンスを捨て、「振り抜く!」意識をもって仕事にあたってみてはどうですか?

お知らせ:ギックス田中の本が出ました。

ギックス田中の2冊目の著書【 デキる人が「当たり前」に身につけている!『仕事の基礎力』 】が、すばる舎より出版されました。本ブログに連載中の「”考え方”を考える」の内容を体系的にまとめなおしました。高効率で高密度な仕事を実現するために何をすべきかを解説しています。

デキる人が「当たり前」に身につけている! 仕事の基礎力

一冊目「数字力×EXCELで最強のビジネスマンになる本(翔泳社)」も引き続きよろしくお願いします。ビジネス書らしからぬ、黄色い表紙が目印です。

title_Number_x_Excel

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX