「考えた順序」と「説明する順序」は、違いますよ:説明下手を克服しよう|”考え方”を考える

AUTHOR :  田中 耕比古

4.7k
田中 耕比古
title_improve_explanation

結論を述べる、ということは、プロセスを端折る、ということです。

「説明下手を克服し、説明上手を目指そう」というテーマで不定期連載をしています。連載記事の一覧はコチラからご確認いただけます。

本日は、説明上手への道の【基本のキ】とも言うべき「”考えた順序”と”説明する順序”は違う」というお話です。

考える と 説明する は全然違う!

説明下手と説明上手を隔てるルビコン川は、相手の立場に立てるかどうか、の一点に尽きます。

説明下手な人は、相手の立場に立てません。説明上手な人は、相手の立場に立てます。(関連記事:相手の立場に立って考える

考えた順序は「あなたにとって」の分かりやすい説明順序です。

説明下手な人は「自分で考えた順序」で説明しようとします。

例文①:

朝、家を出たら、とっても良い天気だったんですよー。雲一つなくて。ああ、いい天気だなー、夏だなーって思いながら歩き始めようとしたところで「あ、そういえば、天気予報で”雨”って言ってたな」って思い出したんです。うちの会社、最寄駅から5分くらいかかるんで、雨だと困るなと。こりゃぁマズいぞ!ってことで、家に戻って傘を持っていくことに決めたんです。いやー、正解でした!

order_for_explanation_001

はい。まぁ、雑談としてはいいんでしょうけどね。って感じです。

相手にとっては、どの順番が望ましいのか?

ここで考えるべきは、「相手にとっては、どの順番で説明されることが望ましいのか?」という視点です。これ、超大事です。(関連記事:相手の立場に立って考える

例文②:

今日、僕は傘を持ってきたんですよ。折り畳みですけどね。朝一は、とってもいい天気でしたけどね。雲一つないし。ただ、天気予報は雨だったでしょ?うちの会社、駅からそれなりに歩くから、降ってきたらガッツリ濡れちゃうじゃないですか。降るかどうかは怪しいなーと思ってちょっと迷ったんですけど、持ってきて正解でしたね。。

order_for_explanation_002

途中で遮られても大丈夫なのはどっちだ?

この会話の途中に、携帯が鳴ったとします。どちらが「遮られたときに、困るか」を考えてみてください。

例文①の場合:

朝、家を出たら、とっても良い天気だったんですよー。雲一つなくて。ああ、いい天気だなー、夏だなーって思いながら歩き始めようとしたと「あ、電話だ!」

例文②の場合:

今日、僕は傘を持ってきたんですよ。折り畳みですけどね。朝一は、とってもいい天気でしたけどね。雲一つないし。ただ、天気予報は雨だっ「あ、電話だ!」

さて、どうですかね?(まぁ、所詮はは雑談なんで、どっちも困んない、って話でしょうけども(笑))

仕事では「絶対に」相手に合わせろ。

上記のようなプライベートでの会話なら別に良いのですが、仕事においては「自分で話したい順序」では絶対にダメです。「相手が聞きたい順序」で話しましょう。

少し細かいですが、まず、下図をご覧ください。

order_for_explanation_003.png

この例のポイントは、

  • 結論を前に出す(通常、思考順序としては最後になる)
  • 結論のために必要な”前提”をしっかり共有する

というところです。相手は結論から聞きたいのは分かっているけれど、「”情報レベルを揃える努力”を怠ってはだめ」というところですね。

ということで、「状況理解のために必要な前提情報の共有」→「相手が聞きたい順序で説明」→「補足情報(時間が無かったり、興味が無かったら話さなくてもOKな情報)の伝達」という流れになるわけです。

「考えた順番」を伝えたがるのは”作業者”

考えた順番を伝えるのは、作業の順番を伝えることと同じです。その「作業順序」を報告したら褒めてもらえる!という発想はペットの犬と似ています。わんわん。

もちろん、新入社員や、新業界に転職したばかりの人は、”作業プロセス・作業手順の確認”という目的で、思考順序・作業順序の報告を求められることがあるでしょう。しかし、そこには「付加価値は無い」と心得てください。指示通りにやっているかどうか報告しろ、と言われているわけですから、それは「マイナスが無いことの証明」なんです。それを求められているうちは「ミスしてるんじゃないか?」と疑われてる=一人前と認められていない、ということです。1日も早く、そこから脱するように心がけるべきだと思います。

この”作業者”の立場を抜け出すということは、「言われたことをこなした価値」を誇ることをやめ、「自分で考え、導き出したものの価値」について胸を張って宣言することを意味します。これこそ、ホワイトカラー、知的労働者ですよね。

こんなに考えたんです!こんなに頑張ったんです!というプロセスを延々と伝えることをやめて、結果、こうなった!という最終結論を端的に伝えるようにすると、「説明上手」に近づけるかもしれませんよ。

お知らせ:ギックス田中の本が出ました。

ギックス田中の2冊目の著書【 デキる人が「当たり前」に身につけている!『仕事の基礎力』 】が、すばる舎より出版されました。本ブログに連載中の「”考え方”を考える」の内容を体系的にまとめなおしました。高効率で高密度な仕事を実現するために何をすべきかを解説しています。

デキる人が「当たり前」に身につけている! 仕事の基礎力

一冊目「数字力×EXCELで最強のビジネスマンになる本(翔泳社)」も引き続きよろしくお願いします。ビジネス書らしからぬ、黄色い表紙が目印です。

title_Number_x_Excel

SERVICE

SERVICE

BANNER

graffe

grip

GiXo BLOG

recruit

Aibou

amazon web service partner network

TAG BOX