CONCEPT
データ活用診断
データ基盤構築
採用情報

ギックスの本棚|やらないこと戦略(ドナルド・ロース/CCC MEDIA HOUSE): 仕事版こんまり経典

AUTHOR :  田中 耕比古

595
田中 耕比古
ギックスの本棚|やらないこと戦略(ドナルド・ロース/CCC MEDIA HOUSE): 仕事版こんまり経典

何をするか、ではない。何をしないか、だ。

やらないこと戦略 最大限にクリエイティビティを上げる時間管理術

本日は、積読されたまま、こんまりメソッドによってさくっと処分されそうになっていた「やらないこと戦略」を読み解きます。

こんまりと同じアプローチ

先日、今更ながらに行った”こんまりメソッドの経典”こと、「人生がときめく片づけの魔法」の読み解きでも述べた通り、僕は現在、こんまり教に則った書類・書籍整理を行っています。書類については、片っ端からシュレッダーにかけていますが、本については、教祖様の教えに背いて、内容確認を行っています。

教義に従うなら

  1. 書籍を全て床に並べる
  2. 表紙をたたいて起こす
  3. ときめくかどうか確認する(絶対に仲は読まない)
  4. ときめいたら残し、ときめかなかったら処分

という手順になるのですが、さすがに、僕にとって本は仕事道具なので「表紙を通して訴えかけてくるかどうか」だけでは選べないんですよね。あと、「読みかけや未読本は永遠に読まれないから捨ててよし」も、商売道具なので勘弁していただきたい。

よってもってして、僕のアプローチは

  1. 書籍を床に並べていく
  2. 並べながら、ときめかないものは、即処分(すでに40冊くらいは処分しました)
  3. 迷うものは、一読して「ちゃんと読む」「処分」を決める

ということにしました。一読とは「一冊10~20分程度で要点を拾う」ということです。で、実際にやってみると、2-3ページ進んだところで「これはちゃんと読もう」と思う本と「あ、流し読んだら十分だな」という本が見極められます。

とはいえ、それだと、極めて多くの本を残すことになるので、

4.ちゃんと読んだうえで、「残す(=ときめく)」と「処分(ときめかない)」に分ける

ということを行っています。
(※ちなみに、この本はSTEP4まできた結果、残念ながら「処分」ということになりましたが、非常に学びが深いので、書評にまとめた次第です。)

話が長くなりましたが、なぜ、この本を「ちゃんと読む」ということに至ったのかといいますと、この本は「こんまりと同じこと書いてる」んですね。

教祖様の記した経典と同じことが書かれてる本を、読まずに捨てるわけにいくものか、ということです。一言で言えば「何を残すか」を決めよう、という考え方について書かれています。本書も、タイトルは「やらないことを決める」というように読めますが、実際には「やることを決める」というアプローチになっています。

っていうか、まんま「こんまり」やん。

幾つか、対比をしながら見てみましょう。

  • 心の望むことをする → ときめくことだけをやる
  • 心からしたいことをしている自分を見つけ出す → ときめくものだけに囲まれた生活を想像する
  • 3ヶ月以上やらなかったことはリストから消去 → ときめかないのに捨てられないのは「役目が終わった」ということ

うん。同じこと言ってるよね。

つまり、こんまりメソッドは、モノの整理だけではなく、タスク整理にも使えるということですね。こんまり凄い。

情報・タスクの断捨離

本書で語られるのは、要するに「捨てる」ということです。いわゆる断捨離ですね。情報を断捨離するための考え方を抜粋・要約すると、こうなります。

  • 見逃す恐怖(Fear of Missing Out)から脱却して、見逃すことの喜び(Joy of Missing Out)を感じる。

でた。JOY. JoyがSparkする。こんまりさん、こんにちは。

具体的に見ていきましょう。

  • 会話の階層は、対話→電話→メッセージ→電子メール→郵便 なので、誰かと話しているときに、電話やメッセージを見るのはおかしい
  • SNSは、全ての自分の投稿に「だから何?」と問うてみる。それが大半なら、そのSNSをやめる。
  • ちゃんと準備する。打合せをするなら、宿題をやってから臨む。相談を受けるなら、きちんとメールで詳細をもらう。案件を受けるなら、ブリーフィングを行う。
  • シングルタスクにする。マルチタスクは断固拒否する。
  • 1+1=3になる人と組む。1+1=2以下は、組まない。時間の無駄だから。そのためには、軸を一つずらした相手と組むと良い。同じ仕事を違う考え方でやっている人 もしくは 違う仕事を同じ考え方でやっている人。
  • お茶しながら会いたい、は断る。やるとしても、ギリ、ランチミーティング。(お茶は飲まなくてもいいが、ランチはなんにしても食べるから) お茶会をするとしたら、できるだけ大勢でやる。その方が効率的。
  • 自動化しろ。
  • 追加するな、省け。

さすがに、本書のテーマが仕事に関する話=収入に直結する内容なので「ときめかないものは、全部捨てろ」とまでは語られません。が、基本的には「ときめくものを残せ(本当にやりたいことをやれ)」「本当にやりたいことに付随する”やりたいわけではないこと”・”やらなくていいこと”は、最小化しろ」というアプローチです。慧眼。

人生の手綱は、自分で握るのだ

冗談めかして「こんまり」だのなんだの書き散らかしてきましたが、本書とこんまり本は、本質的な部分で同じであると僕は本気で思っています。

どこまで行っても、全ては自分の決断です。人生の手綱を他人に渡してはいけません。本書では、自分が得意なことを見極めよ、とも語られています。「やりたいこと」ではなく「やること」を決めるわけですから、得意でないことをやってもしかたないのです。

自分自身が「何にときめくか」を本気で突き詰めて考えれば、それは、自分自身をより深く理解することにつながります。そして、自分自身を理解すれば、何を選択するかも自ずと定まってくるのです。”もの”であっても、”仕事”であっても、”人間関係”であっても。

例えば、上でご紹介した「対話→電話→メッセージ→電子メール→郵便」という会話の階層。この順番が成立するためには、「同じくらい大切な人たちとの会話」でないといけません。だって、「いまいちな人との対話」だと「重要な人から電子メールや郵便」の方が重要度が増すことになるでしょう?

自分自身のときめき選球眼を磨き、何を選び、何を選ばないかを決めていくことが、豊かな人生につながるんだと思います。ちゃんと選ぶぞー。(ということで、本書は処分です。こんまり様的に言うと「お役御免」ってことですね。)

やらないこと戦略 最大限にクリエイティビティを上げる時間管理術
やらないこと戦略 最大限にクリエイティビティを上げる時間管理術

SERVICE