• shadow
    CONCEPT
  • shadow
    Team CMO
  • shadow
    HSM & UVP
  • shadow
    Components
clock2018.11.01 18:07
SERVICE
home

木村昇吾選手(元プロ野球・現クリケット)とサポーター契約を締結しました

AUTHOR :   ギックス

431
ギックス

ギックスは、木村昇吾選手(クリケット)を応援します

2018年11月、株式会社ギックス(本社:東京都港区、代表取締役CEO:網野 知博)は、元プロ野球選手・現クリケット選手の木村昇吾氏とのサポーター契約を締結いたしました。

木村選手は現在38歳と、プロスポーツ界においてはベテランの域に属します。その年齢で、いくつかの共通点があるとはいえ、全く別のスポーツ競技にチャレンジするというのは、極めて異例なことだといえるでしょう。

翻って、私共、株式会社ギックスも、2012年末の創業時点で代表取締役である網野が39歳、その他の役員も30代後半という、いわゆる「ミドルエイジドスタートアップ」として、新たな領域に漕ぎ出して、チャレンジをし続けてきました。

木村氏と弊社の間には、年齢という制約に囚われず、大きな目標のためにチャレンジするという姿勢が共通点がございます。また、それに加えて、弊社の網野が、クリケット日本代表として活動しておりましたことも、この度のご縁につながっております。

クリケットの世界最高峰プロリーグであるインディアン・プレミアリーグ(IPL)を目指し、元プロ野球選手の木村昇吾が日本人初のIPLプレーヤーとなるべく挑戦する。
この挑戦が、プロ野球選手だけでなくアマチュアで野球を断念した選手たちのセカンドキャリアを切り開く可能性も秘めている。
クリケット普及の一役を担うとともに、NPBでプレーした選手で初のクリケット挑戦者としての責任感と野球への感謝を胸に、新たな道を切り拓いていく大きなチャレンジである。

木村昇吾公式サイトより

クリケットとは

クリケットは、野球と同様に「ボールを投げる人(ボーラー)」と「そのボールを打つ人」に分かれて競技を行います。しかしながら、それ以外のルールは大きく異なります。

日本ではあまり注目されていませんが、その競技人口は、サッカーに次いで世界2位と言われる「世界における超メジャースポーツ」です。

イギリスの発祥のクリケットは野球の起源ともいわれ、半径70メートルほどの広大なフィールドを使用して11人で行われる競技。
グラウンド中央付近に2つのウィケット(三脚門)を向かい合わせた形で行われ、投手は打ちづらさを考えてワンバウンドで投げることが多い。
打者は打った後、反対側のウィケットに待機するもう1人のパートナーとそれぞれ反対側のウィケットへ走る。
両打者が到達すれば1点。野手がその前に返球してウィケットを倒せばアウトになる。
ファウルはなく、打球が境界線(64メートル前後)を越えれば4点。ノーバウンドで超えれば6点獲得できる。球は非常に硬いが野手は素手で捕らなければいけない。打者と捕手はレガースを用いる。
英国、オーストラリア、インド、南アフリカ、西インド諸島などの英連邦諸国を中心に大人気で、世界の競技人口はサッカーに次いで第2位といわれる。

木村昇吾公式サイトより

IPL(インディアン・プレミアリーグ)

木村氏が目指すIPL(インディアン・プレミアリーグ)は、世界最高峰のクリケットリーグです。下記Wikipediaからの引用にあります通り、リーグ売上高210億円は、日本のプロサッカーの2部リーグであるJ2程度と表現されますが、チーム数が8、試合数が14、試合期間が6週間ということに鑑みると、その注目度の高さの一端を、うかがい知ることができるでしょう。

また、最高年俸3.6億円というのも、上記の試合数・期間を考慮し、さらにはインドの平均年収が200万円弱と言われていることも踏まえると、非常に高額だといえるでしょう。一説によると、IPLの平均年俸は2億円と言われておりますので、「IPLの選手になると、インドの平均年収の100倍に相当する収入を、たった6週間で得ることができる」ということになります。

インディアン・プレミアリーグは2008年に発足。シーズンは全60試合であり、毎年4月の上旬頃に開幕し、5月の下旬頃に閉幕する1ヶ月半程度の期間である。レギュラーシーズンは各8チームがホーム・アンド・アウェーの2回戦総当りで14試合行ない、上位4チームがプレーオフに進み、優勝チームを決める。 クリケットのプロリーグとしては世界最大の規模を有する。2015年シーズンの観客動員数は約171万人であり、1試合当たりの平均観客動員数は約2万8500人である。同シーズンのリーグ売上高は115億ルピー(約210億円)であり、サッカーのJ2リーグよりやや小さい規模である。チーム総年俸の上限金額を規定する制度であるサラリーキャップを導入しており、2015年シーズンでは6億3000万ルピー(約11億円)としている。また、2015年の最高年俸はマヘンドラ・シン・ドーニの300万ドル(約3億6000万円)である[5]。選手は原則1ヶ月半のシーズン期間のみの短期雇用契約となっている。

出所:Wikipedia

木村昇吾氏 略歴

木村 昇吾(きむら しょうご)、1980年4月16日、大阪生まれ。

1980年4月16日、大阪府生まれの38歳。
尽誠学園で3年夏に甲子園出場。愛知学院大に進学し、遊撃手でベストナインを5度獲得するなど活躍。リーグ通算打率3割1分8厘、5本塁打。
02年ドラフト11位で横浜に入団。07年オフに広島にトレードされ、11年は遊撃のレギュラーをつかみ、自己最多の106試合出場で37犠打をマーク。
15年オフにFA権を行使したが移籍先が難航し、西武にテスト生で入団。17年限りで戦力外通告を受け、クリケットに転身。
18年クリケット男子日本代表強化選手団に選出される。
クリケット界の世界最高峰であるインディアン・プレミアリーグ(IPL)での活躍を目指す。

木村昇吾公式サイトより

今後の展開について

ギックスでは、世界最高峰のクリケットリーグ IPL (インディアン・プレミアリーグ)を目指す木村昇吾氏の活動を応援すると共に、同氏の活動状況を、弊社ホームページ 及び Facebook を通じて、皆さんに発信していきます。

本件に関するお問い合わせはコチラから

お問い合わせ

SERVICE