• shadow
    CONCEPT
  • shadow
    Team CMO
  • shadow
    HSM & UVP
  • shadow
    Components

第20回:2017年6月の結果報告 “復活の兆し”|「きこえ~ご」を使ったギックス全社員の英語力向上プロジェクト

AUTHOR :   ギックス

399
ギックス

 急浮上の秘密

(本企画は、楽しくみにつく英語学習アプリ「きこえ~ご」を提供する株式会社ReDucateから学習ログデータの提供を受けつつ、法人契約でサービス使用料を支払ってガチで英語力向上に取り組むプロジェクトです。)

連載第1回で設定した「罰金ライン」を適用し、2017年6月の学習実績を振り返っていきます。

学習実績

夏がやってきました。暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。強い日差しに耐えられず、日の当たらないところだけを歩いて出勤できないものか画策しています。こんにちは、ギックス遠藤です。

さて、2017年の6月の学習実績です。TOPは毎月上位安定のY.H.さん。今月も順調です。そして2位には先月まで罰金を支払い続けていたS.T.さんが初ランクイン。先月5月の獲得EPが455EPだったので約6倍のEPを獲得したことになります。何があったんだろう…。3位には役員Hさん、こちらは安定の上位ランクインですね。

そして、毎度おなじみ場外のH.R.さんが、な、なんと今月は1,000EP越え。H.R.さんの出現は2016年6月が最後だったので、実に1年ぶりの復活です。頑なだった不動のH.R.さんの0EP脱却に伴い、ついに全員罰金越えも夢ではなくなってきたように思うのです。

とはいえ、1,000EPを超えるだけで罰金から逃れられるほど甘くはないのが弊社の英語力向上プログラム。せっかく復活されたH.R.さんでしたが、ログイン日数の罰金ラインを超えられず。(H.R.さんの罰金記録、また今月も更新されてしまいました。来月こそはログイン日数もクリアして、晴れて罰金組からの脱却が期待できそうです!)

罰金対象は4名。合計2,500円。累計26,000円。

ログイン日数で残念だったH.R.さんが1,000円、ログイン日数はクリアしているものの、EPが満たなかった3名が500円罰金となり、今月も2,500円の回収、2017年総計が26,000円となりました。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の集金で昨年の年間罰金総額と同額となりました。

一方で、今まで頑なに罰金を支払い続けていたH.R.さんの復活や罰金お支払いランキング第2位のS.T.さんの急激なやり込みなど、今後の学習状況および罰金状況に変化の表れる予兆も感じられた6月となりました。もしかしたら、来月には全員罰金越えの素晴らしき世界からのご報告となるかもしれません。

 日別で見てみよう

今月は何といっても前月のビリとブービーの2人が揃って大躍進だったため、このお2人の学習状況を少し深掘って見てみましょう。

まず、前月ブービーから今月第2位にランクインのS.T.さん。日別で見てみると、月の前半でログインしている形跡がありますが、学習量は少ないですね。その後15日以降からはほぼ毎日学習し、学習量も前半に比べるとだいぶ増えている様子が見えます。また、1,000EP獲得後も学習量や学習の頻度が落ちていないことから、1,000EPを獲得することだけが目的ではなかったのでは、と考えられます。15日付近に英語の学習へ積極的に向かうきっかけがあったのではないかと予想できそうです。

次に、1年ぶりの復活となりましたH.R.さん。17日より学習を開始しており、ログイン日数がクリアできないことが明白でありながらも、1,000EPを越えるような学習を行っている様子を見ると、罰金の如何ではなく、単純に1,000EPを超える必要があった可能性が高いです。16日以降に学習に向かうべき何らかの理由が発生し、取り組んだと予想できます。

そして、最終日の追い込みによるEP獲得もきちんと確認することができますね。

総量で見てみよう

最後に全社員の総量推移を見てみましょう。ギックス全社員で取り組んでいるきこえ~ご、現在は14名が参加しておりますが開始当初は11名でした。

人数が増えればその人数分の獲得EPも増えるため、増加していってもおかしくはないはずなのですが、そううまくはいっていない様子が見えますね。

2016年5月が最も低く、2016年7月が最大の総獲得EPとなっています。ちなみに、最も低い2016年5月といえば、社長が手首を骨折し、ログインしないという暴挙をはじめ、罰金者数最多の7名を輩出したあの5月です(第7回:5月の結果報告”罰金者続出の波乱の1ヶ月”参照)。さらに最大の総獲得EPとなった2016年7月については社長が1万EPを叩き出したあの7月です(第9回:7月の結果報告”分析はノイズ排除が重要”参照)。おそらく社長の1万EPがとてつもない影響力を発揮しているのでしょう。こちらについては、人別に砕いて見に行く必要がありそうですね。また、少なくとも直近3ヶ月間の維持については、まったく内訳が異なる結果となりそうです。

このあたりは次回さらに掘り下げて見に行くことにしましょう。
それでは今月はこのあたりで。また次回!くれぐれも夏バテには気をつけましょうね~!

※本連載のまとめはコチラ

03

遠藤 朱寧(えんどう あかね)

データ分析チーム所属。データも扱えるマーケッターを目指し、日々精進。Pythonが気になる今日この頃。動物占いはゾウ。でもキリンのほうが好き。これからの未来を築くゆとり世代。

SERVICE

SERVICE

graffe

GiXo BLOG

recruit

TAG BOX