• shadow
    CONCEPT
  • shadow
    Team CMO
  • shadow
    HSM & UVP
  • shadow
    Components

”考え方”を考える|プロジェクト開始時の「基礎知識・周辺情報」の集め方:垂直立ち上げのために。

AUTHOR :  田中 耕比古

1.5k
田中 耕比古

如何に早くキャッチアップするか

本日は、プロジェクト開始or参画のタイミングでの「基礎知識・周辺情報」の収集についてご紹介します。

戦略系コンサルティングのプロジェクトにおいては、最初の数日~長くても1週間程度で、いかに周りのメンバー(お客様含む)にキャッチアップするかが重要です。一般的に、プロジェクト期間が1.5~3ヶ月程度ですので、キャッチアップに1ヶ月もかけていては、戦力になる前にプロジェクトが終わってしまいます。

そこで、知ってて当たり前の「基礎知識」や、議論する際に役立ちそうな”関連する”領域の情報=「周辺情報」を、素早く収集し、自身の中で体系化することが求められます。

まず俯瞰し、注力ポイントを見定めろ

まず、基本動作として「情報を集めるために、真剣に取り組む」という姿勢が求められます。端的に言えば「頑張って文章を読み漁る」ということです。これができない人は、知的体力が不足していますので、それはそれで徹底的に鍛えてください。個人的には、あまり詳しくない領域の仕事をすることになったら、何はさておき4~5冊の関連書籍を読む所から始めるというのは”呼吸と同じレベルで当たり前”だと思ってます。書籍は先達の知恵が詰まってますから。絶対、読んだ方がいいですよ。

目的ベースで関連本を読み漁ることは、大量のインプットを得るにとどまらず、それをトリガーに発想を膨らませることに繋がります。その蓄積を、「自分の考え」に昇華する≒消化するプロセスがたまらなくワクワクするんですよね。思考の連鎖が止まらなくなる感じです。脳髄がチリチリする感じ。シンカホリックの面目躍如というところでしょうかね。

ということで、以降は、そのベースとなる「情報」に向き合う態度・姿勢が既に備わっているという前提でお話を進めます。

薄く広く → 肝を見つけて深掘り

コツは、大きく分けて2ステップに分けられます。

  1. シンプルな情報を、周辺領域・関連領域も含めて、薄く集める =俯瞰する
  2. そこで、コアとなる領域を見定めて、そこを深く掘る =理解を深める

以上です。簡単でしょ?

ただ、これをスピーディーにこなすのは、かなり大変です。

情報ソースの選び方

ここで重要になるのが「情報ソースをどう選ぶか?」です。

情報ソースは、webと書籍(雑誌も含む)が中心です。この2つは、自分が必要な時にいつでもアクセスできるのが特徴です。情報収集のコツとしてよくあげられる「専門家に話を聞く」という場合にも、まずは前提知識を持っておいた方が話が早いので、先にwebと書籍で情報を集めきっておく方が良いです。

この2つの情報ソースの選び方は、特にルールはないのですが(というか、取り組む課題の内容や状況によって違うのですが)、例えば、Amazonで買おう、と言う場合は

  • 全く門外漢の場合は「サルでもわかるxxx」みたいな概要本1冊
  • SCM/CRM/Pricingなど当該領域のコンサル系 1冊(Mck/BCG/ローランドベルガーっていうか遠藤さんあたりがどんな領域でも必ず出している)
  • 具体的な業界事例に使えそうな企業研究書籍1~2冊
  • 他業界での類似事例になりそうな企業研究本があれば1冊

と言う感じになると思います。

サルでもレベルを10分程度で流した後にコンサル本を30分程度で流して、自分の中で全体像をまとめて、それから企業研究本などを事例として30分程度/冊で流してから、再度コンサル本を眺めて頭の中のマップ・フレームワークを再整理、くらいが最初の1クールですかね。

尚、本屋に行った場合は、各5~10分程度で10冊程度(合計1~2時間程度)流し読みをして、使えそうな本を4~5冊くらいピックアップする感じです。

実践:情報セキュリティを考えるなら・・・

ということで、次回からは、架空のプロジェクトを立ち上げて、実践例をご紹介していきます。テーマとしては、近年、「個人情報の取扱い」に関連して注目度が高まっている、”情報セキュリティへの取り組み”とします。

これを題材に、基礎知識・周辺情報の集め方(と、そのまとめ方)について、理解を深めていただければと思います。

連載記事:
お知らせ:ギックス田中の本が出ました。

ギックス田中の2冊目の著書【 デキる人が「当たり前」に身につけている!『仕事の基礎力』 】が、すばる舎より出版されました。本ブログに連載中の「”考え方”を考える」の内容を体系的にまとめなおしました。高効率で高密度な仕事を実現するために何をすべきかを解説しています。

デキる人が「当たり前」に身につけている! 仕事の基礎力

一冊目「数字力×EXCELで最強のビジネスマンになる本(翔泳社)」も引き続きよろしくお願いします。ビジネス書らしからぬ、黄色い表紙が目印です。

title_Number_x_Excel

 

SERVICE

SERVICE

graffe

GiXo BLOG

recruit

TAG BOX